Minireviewマンノース-6-リン酸経路:リソソーム機能および機能不全におけるその役割に関するレビュー

リソソーム加水分解酵素は、粗小胞体で合成され、ゴルジ装置を介してトランスゴルジネットワークに特異的に輸送され、そこから輸送小胞が芽を出してエンドソーム/リソソーム区画に送達される。

trans-Golgiネットワーク内の他の多くのタンパク質に対して、リソソーム酵素がどのように正確に認識され、選択されているかの説明は、cis-Golgiネットワークを通過する際に、リソソーム可溶性加水分解酵素のN結合オリゴ糖に排他的に付加されるマンノース-6-リン酸(M6P)グループというユニークなマーカーでタグ付けされていることに依存している。 M6P認識マーカーの生成は、UDP-N-アセチルグルコサミン1-ホスホトランスフェラーゼとα-N-アセチルグルコサミン-1-ホスホジエステルα-N-アセチルグルコサミニダーゼの二つの異なる酵素を含む反応に依存する。

M6Pグループは、トランスゴルジネットワークに存在する二つの独立した膜貫通m6p受容体、すなわち陽イオン非依存性M6P受容体および/または陽イオン依存性m6P受容体によって認識される。 これらの蛋白質は膜のlumenal側面のlysosomal加水分解酵素に結合し、cytosolic側面のclathrinのコートを組み立てることのadaptinsに結合します。 このように、M6P受容体は、最終的に最近配信された加水分解酵素がendocyted材料を消化を開始することができ、成熟したリソソームに発展するエンドソームにその内容を提供するためにトランスゴルジネットワークから芽小胞に加水分解酵素をパッケージ化するのに役立ちます。

上記のプロセスはM6P依存性経路として知られており、ほとんどのリソソーム酵素の輸送に関与しています。

このレビューでは、M6P依存性経路に関与する主要なタンパク質のそれぞれに関する現在の知識を合成します。 この経路における障害はまた、GlcNAc-1-ホスホトランスフェラーゼの機能喪失に関連するリソソーム貯蔵障害を強調し、対処される:ムコリピドーシスII型およびIII型。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。