Life Without Music Essay

音楽のない世界音楽は、時間の初めから地球上にあった親密な芸術の一形態です。 神学者は、音楽が神ご自身が地球に与えた贈り物の一つであることを述べるまで行ってきました,地球の創造の間に人々のために,これは、ポスト宗教改革イングランドの教会音楽とプロテスタントというタイトルの学術本によってサポートされています,著者は教会での音楽の使用について話し、どのように”それは”神の優れた発明と贈り物でした”(Pg.2). 私たち/彼らはすべて何らかの言語を持っています、そして私たち/彼らはすべて何らかの形で音楽を持っています。
テレビやラジオなどの録音された音楽がない生活は、私が望んでいたときに世界中の他の偉大なオルガニストを聴くことができなくなり、YouTubeの利便性 私も、私自身の家や教室の快適さから時間の初めから有名な教会のミュージシャン/作曲家の何百もの歴史の中ですべて一緒に入れてすべての素晴ら テレビ、ラジオ、その他の録音技術を持たないことは、作曲家/ミュージシャンの素晴らしい作品を聞くために、私と他の人がキンメルセンターやオペラハウスのような場所に行かなければならないことを意味します。すべての音楽がライブ設定で聞かれたルネッサンス時代のように、すべてがライブ設定で行われなければなりません。それは彼らのために教会、裁判所、または演奏するミュージシャンが演奏するかもしれない街角のいずれかでした。 ルネサンスにおける音楽の機能は主に教会を中心としており、世俗音楽に重点を置いていなかったが、現代では前述のように音楽はロックンロールやメタルからゴスペル、ラップ、ヒップホップ、ジャズに至るまで、多くの形態の芸術となっている。 個人的には、中世のような教会音楽は、私が私の焦点を置いたものです。 音楽家として、私が最も愛しているのは教会音楽であり、現代のルネッサンスのように感じさせます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。