Kumārajīva

KUMĀRAJĪVA(343-413;代替日付:350-409)は、中国の三論(”三論”、すなわちMādhyamika)学校の創始者として、そして多くの重要で影響力のあるMahāyāna仏教のテキストの中国語への熟達した翻訳者

クマーラジュヴァは中央アジアの都市クチャで高貴な家系で生まれました。 彼の父は移住インドのバラモンと彼の母親Kucheanの王女だった。 四世紀の間にクチャは、中国とインドと西を結ぶシルクロードの北部の貿易ルートに沿った主要な都市でした。 このルートに沿った都市はHīnayāna仏教、特にカシミールの中心から導入されたSarvāstivāda宗派の拠点であったというFaxianと玄奘三蔵の旅行記からの十分な証言があります。 この宗派の作品は、このように彼が勉強した最初のものでした。

クマーラジュヴァは七歳の早い時期に初心者の僧侶になった。 修道女になりたいと思っていた彼の母親も、この時に在家の生活を放棄しました。 彼はアーガマとアブヒダルマのテキストを研究し、次の二年間を過ごしました。 彼は9歳の時に母親と一緒に北インド(カシミールのチピン)に行き、そこで3年間、彼はマスター Bandhudattaの下でDirghāgama、Madhyamāgama、Kūudrakaを学びました。 12時、彼は再び母と一緒にクチャのために出発しました。 途中、彼らはカシュガルで一年以上のために停止し、彼はJīānaprasthānīāstra、Sarvāstivādin Abhidharma論文だけでなく、ヴェーダと五つの科学(文法、論理、形而上学、医学、芸術と工芸品)を研究しました。 カシュガルにいる間、彼はマハーヤーナに改宗したマハーヤーナ派のスーリャソマに会った。 カシュガルでは、クマーラジュヴァはまた、Dharmaguptaマスター Buddhayañasに会いました。 クチャに戻った後、クマーラジュヴァは20歳で王宮で完全な叙階を受けました。 彼は北インドのマスター VimalākīaにSarvāstivāda学校のVinayaを学んだ。 彼の伝記は、後にサンルン伝統の中心的なテキストとなるナーガールジュナとアーリアデバの三つのナーストラを研究し、そのすべてがカシュガルで得られた可能性があると報告している。 379年の中国の記述では、クマーラジュヴァが熟練した僧侶として言及されており、彼の名声が中国に到達したのはこの時期からである。

KumĀrajĪvaの翻訳

Chu sanzang ji ji(六世紀初頭)は、294束の三十五の作品をKumārajīvaに帰属させています。 これらの作品の中央のコーパスは、現代の序文によってよく証明されており、翻訳の日付は二十から三のタイトルで知られています。 Kumārajīvaによって翻訳された作品の中核は、彼の主な関心は、特にprajīāpāramitāクラスのもの、およびMādhyamika論文にあったことを示しています。 しかし、彼の興味はカトリックであり、彼はまた、パイティスト、ヴィナヤ、ディヤーナスートラsだけでなく、ハリヴァルマンによるバフシュルーツヤ論文Satyasiddhiðāstraを翻訳した。

長の翻訳Śūnyavādin作品のPañcaviṃśati(D.T.ます。 223)のAṣṭasāhasrikā(D.T.ます。 227)のVimalakīrtinirdeśa(D.T.ます。 475)のVajracchedikā(D.T.ます。 235)、およびPrajīāpāramitāhīdaya(T.D.no.250)。 彼はまた、中国と日本の三倫派の基礎を形成する三つのMādhyamika論文を翻訳しました:Mīlamadhyamaka Şāstra、Nāgārjunaによる詩とPiīgalaによる解説からなる論文(T.D.no.1564;Chin。 1569年、アリーデヴァのシャタシャストラ(T.D.no.1569;Chin。 1568年には、ナガールジュナのDvādačanikāyāšāstra(T.D.no.1568;Chin。、Shier men lun)。 彼が翻訳した他の三つの重要なMādhyamika論文は、Nāgārjunaに起因するDaīabhīmivibhāīāīāstra(T.D.)である。 1521年)、Vasubandhuに起因するFaputixisnjing lun(T.D.no.1659)、およびNāgārjunaに起因するMahāprajīāpāramitāīāstra(T.D.no.1509;Chin。、ダ-ジドゥ-ルン)。 瞑想に関する四つの論文はKumārajīvaに帰されており、その中のチーフはZuochan sanmei jing(T.D.no.614)であり、菩薩とも呼ばれています。 彼が翻訳した主なヴィナヤの作品は、Sarvāstivāda Prātimokīasītraと、伝統によると、Pusajieben(菩薩-pratimokīa)です。 彼のパイティストの翻訳には、Saddharmapuşarīka(T.D.No. 262)、より小さなSukhāvativyīha(T.D.no.366)、二つの弥勒のテキスト(T.D.nos.454と456)。 彼はまた、カシュガル-ブッダヤシャスの友人と共同でDağabhīmika(T.D.no.286)を翻訳しました。 これらのテキストのすべては、中国の仏教コミュニティの中心となった。

Kumārajīva、彼のチーフアシスタント、および翻訳局は、名前と仏教の専門用語の新しい転写を考案し、特定の単語が適切に翻訳できなかったときに補間された 彼の翻訳は不注意な編集を裏切っていますが、彼らは華やかでエレガントなスタイルで有名です。 彼らはサンスクリット語のsūtraの元の言葉を保存しないかもしれませんが、意図された意味を明確に表現しています。

クマーラジュヴァの宗教思想に関する最も重要な証拠は、Vimalakīrtinirdeşaに関する解説(T.D.no.1775)とHuiyuanとクマーラジュヴァの間の書簡集(T.D.no.1856)に含まれています。 これらの作品から、KumārajīvaがMādhyamika伝統の資格のない支持者であったことは明らかです。 彼の因果関係の批判はNāgārjunaのそれと同じです。

Kumārajīvaが系統を発見しようとしていたという証拠はありません。 それにもかかわらず、彼の中国、韓国、日本への影響力は広がっていた。 はSaddharmapuṇḍarīka Sūtra、小Sukhāvativyūha Sūtra、Vimalakīrtinirdeśa、Sūtraしていた翻訳前のよDharmarakṣa,鳩摩羅什のより正確な翻訳をさらに刺激され、成長と人気の仏の: Saddharmapuşarīka Sītraは天台派の基礎テキストとなり、後に日本の日蓮宗の基礎テキストとなり、より小さなSukhāvativyīhaは浄土伝統の三大テキストの一つとなり、vajracchedikāはchan派の基礎テキストとして尊敬され続け、da Chidu lunは中国と日本のzhenyanまたは真言(すなわち、Vajrayāna)派に非常に影響力を持っていた。vimalakirtinirdesaは普及した。菩薩の理想。 彼の翻訳の他にも、中世中国仏教の歴史を形作るのに役立った。 多くの注釈書が書かれたサティヤシッディシャストラは、南斉(479年-502年)と霊朝(502年-557年)の間に南部で最も広く研究され影響力のある作品となり、サルヴァスティヴァーダ-ヴィナヤは中国と日本で流行している二つのヴィナヤシステムの一つとなった。 三倫流の古い系統は、隋の慈蔵(549年-623年)(581年-618年)の時まで続いた。 要約すると、Kumārajīvaの活動は、中国の仏教界におけるより高い正確さと広範な影響を特徴とする、中国の翻訳の第二期(五世紀と六世紀)を迎えました。

仏教、流派、中国仏教に関する記事、仏教の本とテキスト、Huiyuan;Mādhyamika;Nāgārjuna;Sengzhaoも参照してください。

参考文献

Kumārajīvaの生活の標準的な伝統的なアカウントは、HuijiaoのGaoseng zhuan(T.D.nos.50. 330–333). 伝記のドイツ語訳については、ヨハネス-ノーベルの”Kumārajīva,”Sitzungsberichte der preussischen Akademie der Wissenschaften26(1927):206-233を参照してください。 エリック-ツルヒャーの中国の仏教征服、2巻。 (1959;reprint,Leiden,Netherlands,1979)は、四世紀末までの中国における仏教の発展を扱い、長安に到達したときに遭遇した宗教的および知的な気候Kumārajīvaに貴重な紹介を提供します。 Kumārajīvaのキャリアの一般的な調査については、Kenneth Chen’S Buddhism in China:A Historical Survey(Princeton,N.J.,1964)。 その他の批判的な議論には、

木村栄一編がある。 えおんけんきゅう 2巻。 京都、1960年-1962年。 クマーラジュヴァの慧遠との対応の翻訳が含まれています。

Koseki,Aaron K.”中国における”後のMādhyamika”:中国のPrajīāpāramitā思想の歴史に関するいくつかの現在の視点。”国際仏教学協会ジャーナル5(1982):53-62.

“第四と第五世紀の間に中国の仏教。^”Monumenta Nipponica11(1955年4月):44-83.

とトランス。 趙の書。 1948年、東京帝国大学法学部政治学科を卒業。

Robinson,Richard H.Early Mādhyamika in India and China. 1976年、ニューデリー。

境野光洋 支那仏教思想史(1935年)。 東京、1972年。 341-417ページを参照。

漢魏梁晋南北朝fojiao shi. 1938年、上海。

塚本善龍 “KumārajīvaとSengzhaoの日付が再検討されました。”銀幕研究書”(1954年)568-584。

塚本善龍編 常論研究会 京都、1955年。

デール-トダロ(1987)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。