馬における胃pars nonglandularisおよびmargo plicatusの粘膜微小血管:腐食キャストに関する走査型電子顕微鏡研究

馬の非腺胃粘膜の微小血管形成を、走査型電子顕微鏡用腐食キャストを用いて調べた。 11人の健康な馬からの標本は検査されました。 Margoplicatusにおける胃病変の発生率が高いことに対応して,pars nonglandularisとmargoplicatusとの鑑別に特別な注意を払った。 両領域において,固有層粘膜の血管は三つの血管層に配置されていた。 基底層(i)および中間層(I I)では,血管供給は動脈retia-rete arteriosum profundum,rete arteriosum subpapillare-および静脈叢-plexus venosus profundus,plexus venosus subpapillareに組織されていた。 垂直相互接続は層を固有層全体の血管ネットワークに統合した。 上皮下(III)層は固有層粘膜中のすべての個々の結合組織乳頭の血管を表していた。 Parsnonglandularisではansaecapillares intrapapillaresが発見された。 これに対し,margoplicatusの乳頭はそれぞれ”円錐形”のretecapillareintrapapillareを含んでいた。 したがって,margoplicatusの厚い上皮および固有層粘膜は,少ないがより長い乳頭内血管系によって供給された。 Margoplicatusの典型的な血管成分は,ウマ胃の胃粘膜病変を特徴付ける病因鎖におけるいくつかのリンクの一つであると考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。