急性外傷性脳損傷のためのマンニトール

背景:マンニトールは、急性脳腫脹を逆転させるのに劇的に効果的であることがあるが、重度の頭部外傷の進行中の管理におけるその有効性は疑問に開放されているままである。 延長された適量で、マンニトールがintracranial圧力を高める逆浸透の転位を引き起こすかもしれない頭脳に血から渡るかもしれないという証拠があります。

: 他の頭蓋内圧(ICP)低下剤と比較したマンニトールの異なるマンニトール療法レジメンの効果を評価し、急性外傷性脳損傷後の他の段階で与えられたマンニ

検索戦略:レビューは、傷害グループ全体の検索戦略に基づいています。 試験の参考リストとレビュー記事を確認し、試験の著者に連絡しました。

選択基準:任意の重症度の急性外傷性脳損傷を有する患者におけるマンニトールの無作為化試験。 比較群は、プラセボ対照、薬物なし、異なる用量、または異なる薬物であり得る。 介入が傷害から8週間以上後に開始され、交差試験が除外された試験。

データの収集と分析:レビュアーは、割り当て隠蔽の品質を独立して評価し、データを抽出しました。 相対リスク(RR)および95%信頼区間(CI)は、治療の意図に基づいて各試験について計算された。

主な結果:全体的に適格な試験はほとんどありませんでした。 急性頭蓋内出血患者の術前管理において、高用量マンニトールの投与は、従来用量のマンニトールと比較して死亡率(RR=0.55;95%CI0.36-0.84)が低下し、死亡および重度の障害(rr=0.58;95%CI0.45-0.74)が減少した。 ある試験では、ICPによる治療を「標準ケア」と比較した(死亡に対するRR=0.83、95%CI0.47-1.46)。 ある試験では、マンニトールとペントバルビタールを比較した(死亡率RR=0.85;95%CI0.52-1.38)。 マンニトールを他のICP低下剤と比較した試験はなかった。 ある試験では、プラセボに対するマンニトールの病院前投与の有効性が試験されました(死亡に対するRR=1.75;95%CI0.48-6.38)。

レビュー者の結論:高用量のマンニトールは、急性頭蓋内血腫患者の術前管理において、従来の用量のマンニトールよりも好ましいと思われる。 しかし、手術可能な頭蓋内血腫を有さない患者の頭蓋内圧上昇患者におけるマンニトールの連続注入としての使用についての証拠はほとんどない。 高められたICPのためのマンニトール療法はpentobarbital処置と比較されたとき死亡率に対する有利な効果をもたらすかもしれません。 ICP指向の治療は、神経学的徴候および生理学的指標によって指向される治療と比較して、小さな有益な効果を示す。 死亡率に対する有害または有益な効果のいずれかを排除するためのマンニトールの病院前投与の有効性に関するデータは不十分である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。