卵巣が除去された場合、早期死亡に結びついた子宮摘出術

この
記事
  • Twitter
  • 電子メールを共有します

あなたは帰属4.0国際ライセンスの下でこの記事を共有することは自由です。

大学

ウォーリック大学

科学者たちは、子宮摘出術の間に卵巣を除去することは、心臓病、癌、および早死のための女性のリスクを高める可能性があると言います。

この種の中で最大の10年間の研究では、両方の卵巣が除去された良性疾患の治療を受けた女性と、いずれかの卵巣が除去された女性とを比較しました。 研究者らは、113,679の35-45歳の女性の症例を2004年から2014年にかけて調べた。 研究された患者の三分の一は、両方の卵巣を除去していた。

“…卵巣のような代謝的に活動的な器官の取り外しは有害な効果を長期にもたらすかもしれません。”

卵巣を1つまたはまったく切除した女性は、両方(両側)卵巣を切除した女性よりも、子宮摘出後に虚血性心疾患(冠動脈疾患)または癌を発症する可能性が さらに、両方の卵巣を摘出した人と比較して、一方または両方の卵巣を保持していた女性は、研究期間内に死亡した女性は0.6%と比較して1.01%でした。

両卵巣の除去はその後の卵巣癌の発症から保護するが、研究者らは、この利益は、心血管疾患および他のより一般的な癌のリスクの増加および全体的な死亡率の増加を犠牲にしていることを閉経前の女性に助言すべきであると考えている。

古い卵巣の”傷跡”は不妊症を引き起こすのですか?

“生物学的妥当性と大規模な”効果サイズ”の組み合わせは、両方の卵巣を外科的に除去することによって卵巣癌のリスクが大幅に減少することを女性

“しかし、卵巣がんを発症する生涯リスクは英国では52人に1人であり、卵巣などの代謝活性臓器の除去は長期的に有害な影響を及ぼす可能性があ

“もしそうなら、これらの長期的な欠点(急性エストロゲン欠乏の不快な短期的な影響と組み合わせて)は、卵巣癌からの保護によって与えられる利益に対”

研究者は、彼らが死亡の国家登録簿にリンクされている病院入院の国家データベースを使用しました。 以前の小規模な看護師の健康調査とは異なり、新しい研究はサンプルではなく全国的に実施され、手術の種類とその後の入院、死亡率との関連を調

生殖癌の特定の危険因子を持たない女性の40%が、35-45歳のグループで腹部子宮摘出術中に卵巣を摘出した。

「これは、我々が報告した二国間除去による健康上の悪化を十分に認識していた女性の間で予想されるよりも高い割合である可能性があります」とLilford 「その場合、卵巣癌の発生率の低下のために取引されなければならない健康リスクがより鮮明になるため、両側卵巣除去を選択した女性の割合が低下”

この研究では、子宮摘出術の実施数がわずかに減少したことも指摘されています。 ほぼ9,000人の女性は、2014年にターゲット年齢の範囲で良性の状態のために子宮摘出術を持っていました,ほぼ13,000で2004-05と比較して.

研究者らは、利用可能なデータが好きなほど詳細ではなく、特にホルモン補充療法の使用に関する情報がなかったことを認めていますが、長期的な傾向を調べるために後日データを再検討する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。