ラボは良いアパートの犬ですか?-An Expert View

ラブラドールと一緒にアパートに移動する予定があるときや、アパートに住んでいる間にラブラドールを家に連れて行きたいときや、ラブラドールがアパートに住むのが快適ではないと言う人がいるときは、多くの疑問が頭に浮かびます。

アパートのラブラドールは快適に暮らすことができますか、それとも閉じ込められた刑務所のように感じますか? そして、より多くの質問。

以下の記事は、あなたのすべての質問に答え、アパートでラボを上げることが良いアイデアであるかどうかを完全な情報を提供します。

あなたが誇りに思うことができるあなたの犬を訓練する

ラボが良いアパートの犬か悪い犬かは後で話しましょう。 まず、アパートでの生活に関しては、ラブラドールはアパートで非常に快適に暮らすことができるという事実があります。

私はアパートと個人の家の両方で私の研究室と一緒に住んでいたので、確かにこれを言うことができます。 両方の私の経験のうち、それはラブラドールが快適にアパートに滞在することができ、私には非常に明確になりました。 彼らは良い中型のアパート-犬です。

しかし、これは一般的なルールではなく、これには多くの例外があります。 私たちはアパートのラボに関連するすべてのこれらの問題を見てみましょう。

ラボにはどれくらいのスペースが必要ですか?

ラブラドールはかなり大きな犬で、グレートデーンほど大きくはないかもしれませんが、サイズは大きいです。 ラブラドールの大きさを見ると、人々はしばしば大きな体が大きな部屋を必要とすると仮定します。 しかし、実際にはそうではありません。

あなたの住んでいる場所が小さなアパートであろうと大きなバンガローであろうと、あなたのラブラドールが必要とするのは、あなたの横に座って寝る それは本当です。 私たちのラブラドールブルーノは常に私たちのそばに滞在することを好む。 それは大きいホールまたは小さい物置であるかもしれないかどうか私達が坐るところはどこでも私達の側の位置を置くことを試みる。

コンピュータのテーブルの近くで作業している間でさえ、ブルーノは小さなコンピュータのテーブルの下に自分自身を収まるように管理しています。
あなたのアパートや家、バンガロー、それが何であれ、それはただ住む場所であり、あなたのラブラドールはあなたのそばにある小さな場所だけを必要とし、それは彼のために十分です。

しかし、彼らの身体活動はどうですか?

あなたは、あなたの家であなたの研究室の身体活動を行う必要はないことを覚えておく必要があります。 多くの人々は、より大きな犬が歩き回り、歩き、遊ぶために家の中でより多くのスペースを必要とすると考えています。 しかし、家は住む場所であり、身体活動は外で行う方が良いので、それは必要ではありません。

必要な身体活動を得るために、研究室をより近い公園や湖に連れて行くか、長い散歩に連れて行くことができます。 あなたの研究室は、そのすべての運動のニーズを取得した場合、それはアパートに静かに滞在することができます。 一日では、それが得るすべての運動と遊びは、リビングルームのスペースではなく、考慮することがより重要です。

アパートにラブラドールを持つ前に考慮すべきこと

アパートにラブラドール-レトリーバーと一緒に住むのは面倒ではありませんが、アパートの生活の間に世話をする必要があるいくつかの問題があります。

ラブラドールの運動に関する問題

すべての犬は毎日の身体活動の同じ量を必要とせず、いくつかはより多くを必要とし、いくつかの犬はより少ない量を必要とします。 我々はラブラドールについて話すとき、ラブラドールは、その物理的および精神的な幸福のために身体活動の多くを必要とする高エネルギー品種です。

したがって、あなたのラブラドールの運動要件を満たすことが重要です。

彼は走る、跳ぶなどの習慣を示すかもしれないし、閉鎖されたアパートから脱出して蓄積されたエネルギーを発散しようとするかもしれない。 時には、あなたはまた、あなたの研究室がズームを得ることに気づくかもしれません。

何をすべきか?

したがって、アパートの中で落ち着いて行儀が良いように、あなたの研究室の運動要件を満たすことが不可欠です。

あなたのアパートの近くの地元の公園や空き地を見つけて、ジョギングのためにあなたの研究室を取るか、空き地で適切な演奏時間を確保してくださ

定期的な運動の健康的な用量は、あなたの研究室の筋肉を強く、心臓を健康に、脳を鋭く、肺を活発に保つのに役立ちます。 それはまた制御の下であなたの実験室の重量を保ち、あなたの犬の全面的な福利を保障する。

そして最後に、アパート内に滞在している間、あなたの研究室がコンテンツの行動に落ち着いていることを保証します。

すべての研究室は定期的な運動を必要としますが、必要な量は年齢によって異なります。 小さなラブラドールの子犬は、大人の実験室と同じくらい重い運動を必要としません。 ラブラドールの運動についてのアイデアを得るには、私たちの記事を見て、ラブラドールはどのくらいの運動が必要ですか?

トイレトレーニングの問題ラボ

これは、アパートでラブラドールの子犬を育てることを考えるときに考慮しなければならない重要な問題の一つです。 犬の所有者として、あなたの研究室を教えるために必要な最初のトレーニングセッションの一つは、トイレの訓練です。 あなたの子犬があなたの家に到達するとすぐに、これを開始する必要があります。

トイレトレーニングあなたの小さな子犬は頻繁にトイレ休憩を必要とするので、あなたの研究室はアパートで少し難しくなるかもしれません。 それはより多くの時間のために自分自身を保持することはできません、あなたがアパートに住んでいる場合は、頻繁に階段やエレベーターを取る必要があ これはあなたの実験室が小さい年齢にあるとき特に本当である。

あなたのアパートがより高い階にある場合、トイレトレーニングはあなたのために少し難しくなる可能性があります。

何をすべきか?

実験室の子犬は、非常に若いときに頻繁にトイレ休憩を必要とします。 しかし、あなたのラボの子犬が成長を開始すると、各トイレ休憩の間の間隔の時間が増加します。 それ故に非常に小さいときあなたの子犬のために屋内pottyパッドを使用できます。

あなたの犬が空にする必要がある回数が減少するにつれて、あなたの犬の保持能力も増加するので、外に出ることが習慣化される可能性があります。

しかし、形成段階では、特にトイレトレーニング中に、あなたの子犬を忍耐強くすることが重要です。

実験室の咀嚼習慣に関する問題

実験室の子犬をアパートで育てることを考えるとき、その咀嚼習慣に効果的に対処しなければなりません。 はい、ラボは、特に若いときと子犬の段階の間に、多くのことをかみます。

この破壊的な咀嚼は、すべてのラブラドールの所有者が研究室を成長させている間に対処しなければならないことの一つです。 あなたがアパートにあなたの研究室を持っているとき、それは家具から靴のラックまですべてを噛んでいます。

この咀嚼習慣は非常に問題になる可能性があり、それは隣人の手と足を日常的な咀嚼習慣として噛み合うことができるからです。

何をすべきか?

ラブラドール、特に子犬におけるこの形態の破壊的な行動は、主にいくつかのことによるものです。

第一に退屈によるものであり、物事を噛んで破壊することは自分自身を楽しませ続ける方法です。

第二に、その歯が生えることに起因し、この歯が生える問題は生後7ヶ月まで続く可能性があります。

第三に、適切な身体活動と運動の欠如によるエネルギーの鬱積によるものである。

子犬が噛む物を飲み込む危険性さえあることもあるので、子犬にすべてを噛ませないことが重要です。 したがって、あなたはそれが好きなすべてをかむことを可能にするのではなく、その特別な咀嚼のおもちゃに向かって咀嚼習慣をリダイレクトす

いくつかのおもちゃは、あなたの研究室の強く鋭い歯によって簡単に破壊することができます。 あなたの実験室の歯に十分な刺激を提供するKongのような堅いおもちゃをあなたの実験室に与えることができます。

あなたのラブラドールの訓練に関する問題

あなたのラブラドールの訓練は、すべてのラブラドールの所有者が実行すべき最も重要なことの一つです。 ラボは非常に知的な犬であり、訓練が簡単です。 あなたの研究室を訓練することは、それが簡単に退屈することができなくても、彼に適切な精神的刺激を提供します。

退屈なラブラドールは常に破壊的な行動を見せようとします。 アパートに住んでいるラブラドールは、その周囲のより多くの人々と対話する必要があるので、適切に訓練する必要があります。 それはアパートエリア内の他の人や他の犬に対処する必要があるので、より多くの社会的スキルを必要とします。

非常に小さなアパートに住んでいる場合、研究室を効果的に訓練するのは少し難しいかもしれません。 しかし、適度な大きさのアパートは、あなたの研究室を訓練するために多くの問題を引き起こ

何をすべきか?

アパートに住んでいても、座って、滞在して、ダウンして、アパート自体であなたの研究室のためにリコールなどの簡単なトレーニングコマンドを完了すること

あなたの研究室を近くのオープンエリアまたは近くの公園に連れて行って、あなたの犬のための訓練セッションを開始してください。 あなたの犬のための妨害そして気晴らしなしで場所が静かであることを確かめなさい。

あなたのラブラドールの脱落に関する問題

脱落は、あなたが一般的にラブラドールと直面している別の問題です。 あなたの家族またはあなた自身の人にアレルギーがあれば、ラブラドールの取除くことはあなたの家族のための問題であるかもしれない。 それ故にこの取除く問題に対抗するために、あなたのラブラドールは規則的な手入れをすることを必要とする。

このグルーミング活動を行うために、あなたの家の周りに開いた庭やスペースがあれば良いでしょう。 物事がしっかりと詰め込まれているアパートでは、グルーミング中に落ちた髪が家の中のどこにでも飛んでどこにでも着陸する可能性があるため、グルーミングは少し難しいかもしれません。

何をすべきか?

あなたの研究室のグルーミング活動を完了できるあなたのアパートのためのオープンセラーがあるかどうかを確認してください。 あなたがそこにあなたのラブラドールを磨くことができるように、あなたのアパートの横に開いた場所を検索します。

アパートの家の中でグルーミングを行う以外に選択肢がない場合は、良い掃除機に投資し、ラボのグルーミング後すぐに家を掃除してください。

BISSELL Cleanview Swivel Pet Upright Bagless Vacuum Cleaner

アパートの騒音関連の問題

アパートのほとんどは密接に間隔をあけられた壁と壁が互いに取り付けられています。 したがって、あなたの研究室が吠えるとき、それは特にあなたの隣人に、あなたを取り巻く人々のための妨害を引き起こ

一般的に、ラブラドールは吠え声の種類の品種ではありません。 ラボは静かなアパートの犬ですが、時には彼らは吠えることができ、時には彼らはそれをたくさん行うことができます。

あなたの研究室が退屈になったり、長い時間放置したりすると、それは継続的に吠え始めることができます。 あなたの実験室の子犬の段階の間にこれらの吠える習慣および騒音問題をより見つける。 あなたの研究室が適切に訓練され、いつ吠え、吠えないかを知っているので、これらの問題は顕著ではないように見えるかもしれません。

何をすべきか?

あなたの研究室が吠えてしまうような状況を避けることが重要です。 適切な精神的および物理的な刺激は、それがよく休息し、不必要に吠えないことを保証します。

あなたの犬に適切な注意を払い、より長い期間彼を放っておかないことは、吠えないことを保証します。

労働時間が長い場合は、適切な訓練によって脱感作することによって、より長い期間一人で滞在するように研究室を訓練することが重要です。

あなたの隣人と話し、あなたの犬が吠えるたびに怒られないように、友好的な方法であなたの犬の状態を彼らに説明してください。

階段を登るような他の問題

ラブラドールと階段を登るのは良い組み合わせではありません。 遺伝的にLabradorsは情報通の異形成および肘の異形成のような条件に容易に傾向があります。 それ故に階段を頻繁に数回使用して日はあなたの実験室のための共同問題のチャンスを高めることができる。

これらの共同の問題はあなたのラブラドールにとって非常に苦痛である可能性があるため、注意する必要があります。 余分な体重や階段を登るような活動のような問題は、より頻繁にこれらの健康上のリスクを高めることができます。

何をすべきか?

もしあなたのアパートの1階に家があれば、それはあなたのラブラドールにとって安全な選択になるでしょう。 しかし、あなたの家がより高い階にある場合は、アパートにエレベーターがあることを確認してください。

あなたの家がアパートの高層階にあり、エレベーターがない場合、ラブラドール-レトリーバーはあなたのための良い選択肢ではありません。

なぜマンション犬が良いのか?

質問を考えると、ラブラドールのアパートは友好的ですか? はい、彼らは偉大なアパートの犬です。 ラブラドールの取除くことのような問題それはpotty訓練であり、かみ砕く習慣はアパートのラブラドールを上げることから停止するべきではない。 ラブラドールの様々な資質は、アパートの生活のためにも素晴らしいペットになります。

1. ラブラドールの気質は、アパートの生活に適した最高の品質の一つです。 彼らは自然の中で非常に友好的であり、そう簡単に怒りや欲求不満を表現していません。 彼らの素晴らしい社会的気質のために、彼らはあなたの家とあなたの隣人を訪れる人々とうまくいきます。

2. ラブラドールを訓練することは、品種の知的な性質のために非常に簡単です。 トイレトレーニングのためのあなたの研究室を訓練し、アパートの他のメンバーとうまく動作するように訓練することは、あなたのための簡単な ラボでは、アパートのメンバーとの毎日の相互作用は何の問題も発生しません。

3. 人々は彼らの子供の安全について持っている心配のためにアパートの犬を心配している。 子供たちはいたずらであり、子供たちが一般的に犬と対話するときに犬の咬傷の危険性があります。 ラボに来て、彼らは非常に優しく、子供たちと非常によく一緒に行く。 彼らは子供を明確に識別し、子供と適切に行動することができます。 ラブラドールは子供と一緒に最も安全な犬の一つです。

アパートでラブラドールを育てるための6つのヒント

あなたのアパートを心配することなく、あなたのラブラドールと一緒に暮らすために、これらの6つのヒントに従ってください

1. 清潔さ

清潔で健康的で活気のある犬は、あなたの周りの人々に自動的に愛されます。 しかし、犬がどんな種類の皮膚の問題でも乱雑で不健康に見える場合、アパートの人々は犬と共通の領域を共有することを好まない。

施設内に不健康な犬がいると、人々は自分の健康と子供の健康を心配するようになります。

それゆえ、あなたの研究室が清潔で健康であることを確認してください。 アパートでは、あなたの研究室は、近くの四半期に他の人、ペットや子供と相互作用します。 だから、あなたの研究室が完全に予防接種され、脱wormedされている場合、それはあなたの隣人の健康の安全を保証するだけでなく、彼らはまたあなたの研

2. 効果的な訓練

初期段階から不要な吠え声や不要な行動を避けるように研究室を訓練する。 アパートの中の家が密接に合っているので、あなたの犬によって引き起こされる吠えることおよび他の妨害のような騒音はあなたの隣人を容易に苛立たせるかもしれない。

他の人と快適に滞在するためにあなたの研究室を訓練する必要があります。 他の人、子供、ペットとのあらゆる種類の侵略は、あなたのペットとの生活の問題を引き起こす可能性があります。

したがって、人生の最初の段階からの社会化は、ラブラドールにとって非常に重要です。 その子犬の段階からより多くの人とより多くのペットにさらされているラボは、他の犬や人々に対する攻撃の形を示すことはまずありません。

このトレーニング方法は、他の人に対するあなたの犬のための友好的な態度を開発しています。 このような効果的なトレーニングは、あなたの研究室での平和なアパートの生活のために不可欠です。

3. 毎日のルーチン

犬は毎日を愛しています-ルーチンとパターンとこれらの毎日のルーチンは、あなたの犬を心配しなくし、”次に何が起こるのか”という考えを心配しないようにします。”これは、彼らの精神的、感情的な幸福のために非常に不可欠です。

様々なスケジュールを修正し、ゆっくりと研究室に慣れてください。 食べ物を食べたり、うんちしたり、運動したり、遊んだりするのに最適なスケジュールです。 これらの完璧なタイミングを確立すると、あなたの研究室はこれらのタイミングに調整され、精神的に組織されたままです。

例えば、私は夜に遊びのために私の研究室を取る、これは彼のための習慣となっており、それは私が日中に彼と遊ぶことを強制することはありません、そ

食事中も同じように、朝食が終わるまで待つのが習慣化されており、私の研究室は朝食が終わるまで食べ物を刺激することはありません。 それ故にあなたの実験室のための毎日ルーチンを確立することを覚えなさい。

4. 研究室を新しい環境に適応させる

アパートは独立した家と同じではありません。 あなたがアパートに移動する場合は、あなたの研究室がアパート内の新しい環境に順応するようにする必要があります。

あなたの研究室は、エレベーター、走行中の車両、自転車、いたずらな子供、そしてあなたの周りの他の新しい人々のような新しいものに調整してください。 建設活動やその他の交通音などの周辺地域からの音も、あなたの研究室で不安を引き起こす可能性があります。

これらすべての新しいものは、あなたの研究室を少し怖いものにすることができます。 それ故にアパートのそしてのまわりのすべてのこれらの新しい事にあなたの実験室を習慣化することは重要である。

5. あなたの研究室との時間を過ごす

ラブラドールは非常に社会的な動物であり、あなたが彼らとかなりの時間を費やすことはありませんときに簡単に

裏庭のある家があるとき、あなたの研究室は自然の中で遊んで楽しむことによって退屈を取り除くチャンスがあります。 庭に放置すると、私の研究室は庭を走り抜けて遊んで、そこにあるすべての植物や花を嗅ぎ取ろうとします。 それは彼の遊びと楽しみ方です。

これはアパートの場合ではなく、アパートは閉鎖されており、あなたの犬は自然や屋外エリアにアクセスできません。

したがって、あなたの研究室で時間を過ごすことは非常に不可欠です。 カジュアルな散歩、運動、さらには遊びのためにあなたの犬を外に連れて行く必要があります。 これらの種類の活動はあなたの研究室の心を熱狂的に保つことができ、孤独で落ち込んで感じることはありません。

6. 研究室を安心させる

これは、特に長時間研究室を一人で離れるときに重要です。 特に肉体的にも精神的にも活発な場合は、研究室を一人で放置することはお勧めできません。 あなたの研究室が孤独の状態にとどまり、退屈するとき、吠え始めるかもしれないし、それはアパートのあなたの隣人へ迷惑である場合もある。

したがって、そこにいないときに完全に休むように、外出する前にラブラドールを十分に運動させるのが最善のアイデアです。

外出中に犬に必要な食料と水を提供してください。 彼は精神的にいくつかの咀嚼のおもちゃを彼に提供することによって刺激を維持するか、彼に再生するためにあなたの使用されるtシャツを与 彼はあなたの体臭を取得するとき、彼は安心感を感じるだろう。

可能であれば、友人にあなたの犬を訪問するように依頼するか、プロの犬の歩行者を雇うか、長い期間家にいない場合は、適切な犬のケアユニットに犬を飼うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。