ナノスケールヘキサボリドランタン(Lab6)-製造の種類に依存した特性の制御

本稿では、ナノLab6の光学的および光–熱的特性に対する製造方法の影響を提示する。 ナノ粒子(NPs)は絶えず作動させた球の製粉か誘導血しょう技術によって製造されたでした。 Lab6の異なる研削プロセスは、以前の作品でエチレングリコール(EG)とZro2研削媒体を使用して議論されたのに対し、スケールアップしたプラズマ技術は、高収率と狭いサイズ分布を持つNPsを得るための新しい可能性を提示します。 我々の研究では、nps<100nmは、エタノール、1-メトキシ-2-プロパノールおよびエチレングリコールを用いた粉砕実験によって達成される。 さらに,研削パラメータの変化を集中的に調べた。 製粉されたNPsと比較されて、高い純度のnano-Lab6は血しょう技術によって得られ、色、形態(UHR-FESEM)、吸収の行動および結晶子のサイズ(X線)の相違を示します。 アクリレート終端スターペグ(ポリエチレングリコール)は、NPsを均一に安定化するために、その場UV重合後の高架橋ネットワークとして使用されました。 また、エチレングリコール中のLab6分散液の光熱変換特性、すなわち吸収された光子エネルギーの熱への変換、およびIRカメラによって特徴付けられるレーザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。